ツール・ド・台湾国際ウルトラマラソン

ツール・ド・台湾国際ウルトラマラソン
International Tour de Taiwan Ultra-Marathon (ITTU)
■開催経緯
台湾島は周囲距離およそ1,100kmで、2012年の3月に世界的に著名なウルトラランナーである関家良一氏(日本)が、母国で2011年3月11日に発生した東日本大震災の被害への台湾からの多大なる支援に感謝する目的で、台北を発着してこの台湾島一周を13日間で走り、途中のルート沿いで訪れる町の市民ランナー達と親交を深めました。このイベントの進行は中華民国ウルトラランナーズ協会(CTAU)の全面的なサポートを受けて行われました。
CTAUでは、上記の経験を基に「台湾島一周ウルトラマラソン」大会を企画し、初めての台湾島を一周するウルトマラソンの国際ステージレースとして主催することとなりました。大会は上記の関家氏の辿ったルートを基本とし、ステージあたりの距離を減らして日数を増やすことにより、幅広いレベルのランナーが挑戦しやすい設定にされています。また、この大会は難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者を救うためのチャリティーを兼ねています。
日本ウルトラランナーズ協会(JUA)はCTAUと協力関係にあり、今回、CTAUの依頼を受けて「第1回台湾島一周ウルトラマラソン」大会への日本からの参加のプロモーションとサポートをすることになりました。
■大会概要
開催期日: 2013年3月30日?4月12日(14ステージ)
総距離: 約1,100km
ステージ平均距離: 約75km
ルート: 台北発着で時計回りに一周
制限時間: 各ステージを時速6kmで設定
参加定員: 50名
気象条件: 気温20?28℃
大会ウェブサイト: http://bao-ming.com/ITTU
■エントリー方法
大会の公式エントリー期間は12月1日?31日で原則先着順ですが、台湾国内以外からの参加受入数は定員の半数とされています。また、ランニング実績、自己紹介文、健康診断書等による大会側の参加資格審査がありますが、日本からのエントリーは、JUAを通じて行うことで手続きがサポートされ、かつ通常800ユーロ(相当)の参加料が700ユーロに割引されます。参加料には、13泊の宿泊費、食事代(1日2食)、走行中の補給などが含まれます。上記に加えて、200ユーロの預け金を支払いますが、これはレース後に返却される予定です。国内申込期間は12月25日(火)までとします。詳細については、JUA 事務局<info@jua-org.jp> までお問合せください。